どんな薬にも副作用はあります。しかし、ピルは副作用の対処法がしっかりと確立されているのです。ピルのことをもっときちんと理解して、ピルと上手に付き合っていきましょう。

中容量ピルの種類について

最近は、低容量のピルというのは認知度が上がっており、多くの人が服用するようになっています。これは事前に服用することで、含まれる女性ホルモンの働きにより、妊娠をしないような体質にするものなのです。調整をすることで、生理周期を整えて28日で次の月経がくるようにするのです。こういった一連の働きの中で、ニキビのできにくい体質に改善したり、生理痛や排卵痛を緩和させたりする効果も期待できるのです。しかし、ピルというのはそれだけではありません。
性交渉のあとに妊娠したかもしれないという可能性があるときに服用するものとして、緊急用の避妊薬である中容量ピルというものもあります。これは72時間以内に服用することによって、できてしまった受精卵を子宮に着床させないようにしてしまうのです。望まない性交渉を強いられてしまった場合や避妊に失敗してしまった場合などでは、使ってみるといいでしょう。
いろいろな種類の緊急用ピルが出ているのですが、この中容量のものは後発品も含めて数多く出回っているのです。しかし、事前に準備しておくということがなかなかできないものなので、医療機関を受診して出してもらうようにするといいでしょう。性交渉をしたら、なるべく速やかに行くようにします。早ければ早いほうがその効果も期待できるものなのです。
中でも中容量のピルの種類で人気があるのが、アイピルという薬です。こちらは医療機関で処方してもらうのはかなり高額になってしまうこともあるのですが、海外からの個人輸入は許されているので、そういった方法で購入するとかなりリーズナブルに入手できrのです。
まずは自分の体質に合った種類を選んで服用するようにしたいものです。