どんな薬にも副作用はあります。しかし、ピルは副作用の対処法がしっかりと確立されているのです。ピルのことをもっときちんと理解して、ピルと上手に付き合っていきましょう。

ピルの副作用の頭痛と肌荒れは一時的なもの

ピルは女性の悩み事でも多い、生理痛や生理不順、月経前症候群の軽減、そして避妊などのサポートをしてくれます。
また、生理の時期などを調節することができるので、旅行などの予定もたてやすくなるというのが便利です。
正しくピルを使うことで、体を上手に調節することができるようになります。
ピルにはいくつか種類があるといいます。それぞれに同じように卵胞ホルモンと黄体ホルモンという二つの女性ホルモンが含まれているといいます。このホルモンの影響を利用して、避妊や生理を調節したりすることができるようになるのです。
ほかにも、受精卵を着床しにくくしたり、子宮頸管の粘膜を変化させることで精子の侵入するのを防ぐ、といような作用もあります。避妊目的で使う人もいますが、女性には嬉しい効果がとても多いです。
ピルを飲むようになると、生理周期が規則正しく28日周期になるので生理不順が解消されるというのはとても嬉しいものです。また、ほかの人よりもひどい生理痛に悩まされているという人の場合は、ピルを服用することでその痛みを軽減することができるようになります。出血量も少なくなるので、生理中に起こりやすい貧血の症状の改善も期待することができるということです。
ですが、メリットばかりではなく、デメリットもきちんと知っておく必要があります。それは、服用しはじめたばかりのころに起こる副作用です。副作用として、頭痛、肌荒れ、吐き気、お腹がゆるくなる、などの症状を感じることがあるといいます。ですが、これは使い始めたころのことなので、慣れてくると改善されていきます。もし、この頭痛や肌荒れ、吐き気などが続くときは、そのピルが自分にはあっていないのかもしれないので、必ず医師に相談するようにしておきます。頭痛や肌荒れは慣れてくることで症状も少しずつ軽くなるので、しばらくは様子をみてから相談するようにするといいです。